“恩澤”のいろいろな読み方と例文
新字:恩沢
読み方(ふりがな)割合
おんたく50.0%
めぐみ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“恩澤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日本全國にほんぜんこく津々浦々つゝうら/\までもゆきわたつてはず文明ぶんめい恩澤おんたくぼく故郷くにには其微光そのびくわうすらみとなかつたのです。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
大皇軍おほみいくさくところ必ず宣撫の恩澤めぐみがある。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)