“御立”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おたち57.1%
みたち28.6%
おたて14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御立”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史2.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
仏蘭西フランスの方へ御出掛だそうですね——私は御立おたちの日もよく知りませんでした。今朝新聞を見て急いでやって来ました」
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
清洲御立おたちの後、風説頻りと行われおり候、御帰国の方途ほうとわけて御細心に、路上の変異くれぐれおん備被遊そなえあそばさるべく候
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
或る時天皇、近つ淡海あふみの國に越え幸でましし時、宇遲野うぢのの上に御立みたちして、葛野かづのみさけまして、歌よみしたまひしく、
ここに天皇、その大后のませる殿戸に御立みたちしたまひて、歌よみしたまひしく、
郵便爲替いうびんかはせにて證書面しようしよめんのとほりおおくり申候へども、りずば上杉うへすぎさまにて御立おたてかへをねがひ、諸事しよじ清潔きれいにして御歸おかへりなさるべく
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)