“密議”の読み方と例文
読み方割合
みつぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れのあしたを前にして、なにを密議するのか、その徳川ばたけの者ばかりが、首をめておそくまで声をひそめていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
地下室の密議
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
調べられんにはの皮のるゝなり此儀は差支なくのひ居るにやと問に大膳始め吉兵衞左京も未だ其密議に及ばねば返答當惑なしぬ時に大膳は了簡有氣に其儀は先達てより心付き種々工夫は仕つれど未だ然るべきへも付ずくは伯父上の御工夫を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)