“寄居虫”の読み方と例文
読み方割合
やどかり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寄居虫で釣る小鰒ほどには、こんな伯父さんに馴染のない、人馴れぬ里の児は、目を光らすのみ、返事はしないが、年紀上なのが、の手を止めつつ、けろりで、合点の目色をする。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その日の夕方思い付いて字引でみのむしというのを引いてみると、この虫の別名として「木螺」というのがあった。なるほど這って行く様子はいかにも田螺かあるいは寄居虫に似ている。
小さな出来事 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そのにすっかりえて、子供達は干潟寄居虫のようにあわてて逃出した。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)