“寄居虫”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やどかり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのいきおいにすっかりおびえて、子供達は干潟ひがた寄居虫やどかりのようにあわてて逃出した。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
なるほど這って行く様子はいかにも田螺たにしかあるいは寄居虫やどかりに似ている。
小さな出来事 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)