“壬辰”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みずのえたつ66.7%
じんしん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“壬辰”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ことし壬辰みずのえたつの初春、さきに招かれた答礼として、こんどは玄徳が席をもうけて太守劉璋を招待した宴会は、けだし西蜀開闢かいびゃく以来といってもよい盛大なものだった。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
またそれよりも、真珠の首飾見たようなものを、ちょっと、脇の下へずらして、乳首をかくしたはだを、お望みの方は、文政壬辰みずのえたつ新板、柳亭種彦作、歌川国貞えがく——奇妙頂礼きみょうちょうらい地蔵の道行——を、ご一覧になるがいい。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ウイルレム第一世は安永元年壬辰じんしんに生れ、文化十二年乙亥いつがいに王位に封ぜられ、天保十一年庚子こうし今王に位を譲り、同十四年癸卯きぼうしゅっす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)