“土鉢”の読み方と例文
読み方割合
どばち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は買って帰って、土鉢に少しばかり庭の土を入れて、それを埋めて書斎に置いた。
サフラン (新字新仮名) / 森鴎外(著)
杜若一年たが、あののおいらんは、素人手ぐらゐなではかうとしない。ばかりして駈落をした、のまゝの土鉢がある。……して、をした。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「本当に彼女はちっともさっぱりした所がない、いやに執念な人だよ」と夫人は常にののしりぬ。ああ土鉢に植えても、高麗交趾の鉢に植えても、花は花なり、いずれか日の光を待たざるべき。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)