“土臺”の読み方と例文
新字:土台
読み方割合
どだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もちろんこの小屋けたりれたりして、今日まったくつてをりませんが、その土臺だけがつてゐるのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
富士山はほとんど海面からそびえつてゐるとてもよいのですが、しかし、によつてはじめから土臺いところでは、山麓草原がなく、からすぐに喬木ることも出來ませうし
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
土臺の仕事はやや出來てゐる
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)