“四室”の読み方と例文
読み方割合
よま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(この家はう三十年も前に取毀たれてしまった。)精々四室かそこらの家であったが、書斎を兼ねた八畳の座敷の周囲に大小の本箱を積み重ね
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
塾生家族とがんで使つてゐるのは三室四室ぎない。玄關ると十五六疊板敷卓子椅子へて道場といつたの、英漢數學教場になつてる。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
その優しかつた母を思出すに智恵子は東京が恋しくてならぬ。住居は本郷の弓町であつた。四室五室の広からぬ家であつたが、……玄関の脇の四畳が智恵子の勉強部屋にされてゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)