“北千住”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きたせんじゅ75.0%
きたせんじゅう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“北千住”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その頃北千住きたせんじゅに住んでいました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
わたりかけた大橋のむこうがわ、北千住きたせんじゅよりの橋の上に一団の火焔がもえあがるとみるや、たちまち大輪の火の車となっておともの人々を川に追いおとし、うなりを生じて家光のかごのほうにちかづくのです。
幻術天魔太郎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
北千住きたせんじゅうに今も有るんとか云う小間物屋の以前もと営業しょうばいは寄席であったが、亭主が或る娼妓しょうぎ精神うつつをぬかし
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)