“千住大橋”の読み方と例文
読み方割合
せんじゅおおはし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千住大橋に近く野菜市場があって、土地の人はヤッチャといいました。その市場の左右に並んだ建物は、普通の住宅と違います。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
吾妻橋の西詰雷門の電車停留所を、少し北へ行って、土手をおりた所に、吾妻橋千住大橋間を往復している、乗合汽船の発着所がある。
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
千住大橋まで行って降りてはみたが、道端の古物市場の外に見るものはないので、すぐに「転向」してまた上野行に乗込み、さて車内の乗客を見渡すと
猫の穴掘り (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)