“其眼”の読み方と例文
読み方割合
そのめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して其眼には健全がある、はニキタをくのは、しても親切で、同情つて、謙遜であつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
其眼が血ばしつてゐる。二三日らない所為だと云ふ。三千代は仰山なものゝ云ひだと云つて笑つた。代助は気の毒にも思つたが、又安心もした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
なく其處には、普通よりも獅子酷似の、くそッくりつたがありました、其眼赤子にしては非常さすぎました、ちやんは
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)