“俥代”の読み方と例文
読み方割合
くるまだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
串戲つちやけません。あれをつてようものなら、つこつてつたんです。」と、無論俥代つて、までつてたものです。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
期限の日に参つたのにお払が無い、そこでく帰るその日当及び俥代として下すつたから戴きました。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
……は、一寸りて蕎麥にしたいだが、かけ一枚なんぞは刹那主義だ、泡沫夢幻、つるりとえる。俥代差引くといづれかをばねばならないだから、其處餡氣で。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)