“俥上”の読み方と例文
読み方割合
しゃじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
傍若無人俥上の声、日本ムスメの貞操と、シンガポール、蘭領あたりの女のそれとの値段の比較や、いわゆる、大和なでしこの、低級さ、しよさ、肌のよさ、髪あぶらのさなどを
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
俥上から捨てる葉巻の吸いかけを見ると、きっと、パンへ飛びつく痩せ犬のように、頭から南京米の麻袋をかぶっている男が、のようにあらわれて、い取るように、自分の口へ横にえた。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)