“俥引”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くるまひ50.0%
くるまひき50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可哀相にスッカリ気まりが悪くなった銀行家は、法螺丸の俥引きにも劣るというミジメな烙印をされて、スゴスゴと帰って行く。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
中折の男は困ったなと云いながら、外套を立てて洋袴を返した。敬太郎は洋杖を突きながら立ち上った。男は雨の中へ出ると、寄って来る俥引まえた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)