“会者定離”の読み方と例文
読み方割合
えしゃじょうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「諸行無常」だの、「会者定離」だのと聞けば、なるほどそれに違いないとうなずかれます。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
然しお上人さまがよう言わるる此の世のさまは、生者必滅、会者定離。たとえ表向き夫婦となって、共白髪まで添い遂げようとしても、無常の風に誘わるれば、たちまちあの世と此の世の距て。
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
せんねんまんねんいきても、一たびは老いたるも、若きも、しなでかなわぬものにて候。会者定離は人間の習いなれば、たれになごりか惜しき……(親鸞を見る)わたしもうよしましょうかしら。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)