“仰見”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおぎみ66.7%
あふぎみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仰見”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まず丘陵の如くに凸起とっきしたる堤を描き、広々ひろびろしたる水上より花間かかん仰見あおぎみて、わずかに群集の来往らいおうせるさまを想像せしむるに過ぎず。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
われは珈琲代の白銅貨を、帳場の石板の上にげ、外套がいとう取りて出でて見しに、花売の子は、ひとりさめさめと泣きてゆくを、呼べどもかえりみず。追付きて、『いかに、き子、菫花のしろ取らせむ、』といふを聞きて、始めて仰見あおぎみつ。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
手燭ぼんぼりの影かすかに血の足痕あしあと仰見あふぎみる時しも、天井より糸を引きて一疋いつぴきの蜘蛛垂下たれさがり、お春の頬に取着とりつくにぞ
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)