“付根”の読み方と例文
読み方割合
つけね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行水でもつかうように、付根までったが、北向にそぼきながら、徳太郎対座していたのは、それからもないだった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
網代笠の裏を覗き、笠の緒の付根をパリッとり取った。その下に貼り込めて来た一通の書状が彼の膝へ落ちた。新六は、畳み目を伸ばして主人の手へ渡した。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
欧洲にても英国風は少しゆるやかなる方なれど、仏蘭西風はキチンと身体に合ふやうにし付根なぞ狭くして苦しきほどなり。日本人には米国風の仕立方適するが如し。
洋服論 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)