“仁徳天皇”の読み方と例文
読み方割合
にんとくてんのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仁徳天皇には皇子が五人、皇女が一人おありになりました。その中で伊邪本別水歯別若子宿禰のお三方がつぎつぎに天皇のお位におのぼりになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
いくらか、さうしたものゝえるのは、或時仁徳天皇が、吉備のくろといふ訪問せられたところが、青菜んでゐたのをられたといふおであります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
めて河内南方御陵がつくられ、ぎの仁徳天皇から三代ばかりは、河内であつたが和泉北方附近御陵けられることになりました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)