“垂仁天皇”の読み方と例文
読み方割合
すいにんてんのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例の垂仁天皇のお言いつけによって、常世国へたちばなの実を取りに行ったあの多遅摩毛理は、日矛の五代目の孫の一人でした。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
第十代崇神天皇と、ぎの垂仁天皇から、前方後圓立派車塚が、かれるようになつたことはひありません。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
それから垂仁天皇のおいいつけで、はるかなって、常世までたちばなのりに行った田道間守は、天日矛には五めのでした。
赤い玉 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)