“人代”の読み方と例文
読み方割合
ひとかは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
云るゝや只今したりと申せしの下より人代りなき中はさずとは前後はぬ申殊更夫の難儀人代りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
はされず候にころなく御願ひ申申聞候といふにぞ大岡殿粂之進はれ斯樣難儀す者を止置候事心得ずと申されしかば粂之進冷笑奉公人主人にふには人代りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)