“三辻”の読み方と例文
読み方割合
みつつじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へ、煉瓦塀板塀きのる、とやがて會場生垣で、其處つの外圍三方れて三辻る……曲角窪地
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この寺は谷あいのやや高みに、杉の森などがあって屋の端が見え、それから下りてくる小路三辻になったあたりを、在所の者とは見えぬ女性が四五人で通っている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
正的に町と町がついた三辻の、その附根の処を、横に切って、左角の土蔵の前から、右の角が、菓子屋の、その葦簀張出まで、わずか二間ばかりのを通ったんですから、のさりとくのも
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)