“びっこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ビッコ
語句割合
45.3%
跛足32.7%
跛行12.6%
跛者6.3%
1.3%
跋足0.6%
跛脚0.6%
跛行者0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片腕の熊さんは、片腕でであった。何時も夜になると私のの土間に、空俵を敷いてそこで「八」という私の犬と一緒に寝ていた。
戦争雑記 (新字新仮名) / 徳永直(著)
そうして、彼の厚い二つの唇は、兵士たちの最後の者が、跛足を引いて朱実を食べながら、宮殿の方へ去って行っても開いていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
そうして跛行を引きつつ発射管室の方に歩んで行ったのを、僕らは、跛行者のシュテッヘと早合点してしまったのです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
フロールでさえ……あんなに親しかったフロールでさえ、跛者と一緒に学芸会へ出るのは恥ずかしいと言ったではないか!
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
母「に成ってしまって高飛をする時どうする積りだ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
森川さんが家へ寄って、隣の忠公は余程悪い、悪くすると跋足になるかも知れないと言った。乃公は気の毒だから見舞に行こうとしたが、忠公のお母さんは乃公の顔を見るのも可厭なんだそうだ。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
木村も葉子も不意を打たれて気先をくじかれながら、見ると、いつぞや錨綱で足をけがした時、葉子の世話になった老水夫だった。彼はとうとう跛脚になっていた。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
そうして跛行を引きつつ発射管室の方に歩んで行ったのを、僕らは、跛行者のシュテッヘと早合点してしまったのです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)