“ちかづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
92.6%
近付4.2%
接近2.1%
懇意1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むさゝびからぬがきツ/\といつてへ、小山ほどあらうと気取られるのがすほどにいてて、いた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いづれもしさうにして、近付いてるのを、退けるやうにして、天滿與力きにへ、雪駄んだ。途端玄竹はいつにないのやうに高聲で、叱咜した。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
沖田さんに隠匿われ、そいつを縁に沖田さんへ接近いたのも、お前と最初からの相談ずく、そこ迄二人で仕組んで来たものを、今になってお前さんに沖田さんを殺され、功を奪われたんじゃア
甲州鎮撫隊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
偶然——そういう事情の中に懇意きとなったので、数右衛門は、老人にも愛されるし、お千賀にも、いつも笑顔で迎えられた。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)