“こんい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
懇意99.0%
坤為1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「家中の者に一わたり逢って来ましたよ、小僧の良松と、お嬢さんのお琴さんは、すっかり懇意になって、何でも話してくれましたよ」
自分は十から花前と懇意であって、花前にはひとかたならず世話にもなったが、自分も花前のためにはそうとう以上につくした。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
その凶は暗剣殺で未申——西南——の方、これを本命二黒土星で見れば未申は八白の土星に当るからとなる。卦からいうと坤為といってこの坤という字は土である。