“じまひ”の漢字の書き方と例文
語句割合
仕舞100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月島工場へひよつくり小六つてふには、自分學資てのしいからいたが、自分今迄學問つてて、とう/\大學這入れず仕舞になるのは如何にも殘念だから
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
らなくてはらないから、無論けては仕舞
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)