“しよくじちゆう”の漢字の書き方と例文
語句割合
食事中100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坂井主人在宅ではあつたけれども、食事中だとふので、しばらくたせられた。宗助くやや、さい夜具した人達にした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
小六は、こんな結果やうとは、かなかつたのだから猶更當惑した。仕方がないからるべく食事中をして、めて手持無沙汰隙間でもはうとめた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)