“しゆれん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手練60.0%
株蓮20.0%
珠簾20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よりみの毛をす、熊又まへにすゝむ。又さはり又すゝんで熊には穴の口にいたる。これをかまへたる猟師ども手練槍尖にかけて突留る。一槍ときは熊の一掻に一ふ。
よつて意へらく、幕にて知らぬところを強ひて申し立て、多人数に株蓮蔓延せば、善類をふこと、すくなからず、毛を吹いて瘡を求むるにひとしと。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
春風珠簾を吹いて、銀鉤するの処、蛾眉の宮人の衣裙を洗ふを見る、月事風流ならずや。(四月十六日)