“こきよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
故郷42.9%
小器用28.6%
古鏡14.3%
孤笻14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
給仕女きゆうじをんな故郷こきよう風俗ふうぞくをしておきやく給仕きゆうじるといふふうになつてゐます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
見すてて我れ今故郷こきようにかへらば残れる身の心ぼそさいかばかりなるべき、あはれなるは継子の身分にして、俯甲斐ふがひないものは養子の我れと
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「つまらない細工だよ、小器用こきような惡人はそんな事で人がだませると思つて居るだけのことさ」
私が風船にラジウムを入れたとき、五十嵐の奴はそれを裏返したが、そのときおそのときはやしで、彼は、小器用こきように指先を使って、ラジウムをりとったに違いなかった。
柿色の紙風船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
みちすがら前面むかひがけ処々ところどころ躑躅つつじの残り、山藤の懸れるが、はなはだ興有りと目留まれば、又このあたりこと谿浅たにあさく、水澄みて、大いなる古鏡こきようの沈める如く、深くおほへる岸樹がんじゆは陰々として眠るに似たり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
——「孤笻こきようわけ入る山」
(新字旧仮名) / 高祖保(著)