“くわんとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
關東80.0%
欵冬20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奴詞やつこことばは一種粗雜な言葉づかひ、六方ろつぱうことば、關東くわんとうべい、とある。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
關東くわんとうたこはなきにあらず、づけて升凧ますいかへり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
竟宴には宿題があつて、蘭軒は欵冬くわんとうを詠じた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)