“きえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キエ
語句割合
帰依74.6%
13.1%
歸依8.2%
帰衣0.8%
忌会0.8%
来得0.8%
消失0.8%
黄英0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうれみろ。庶民から上層の女まで、念仏に帰依した女性というものはたいへんな数だ。内裏の女官のうちにも、公卿の家庭にも」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
落し娘兩人は苦界へみ夫のみ成らで其身まで此世のし淺草なる此中田圃の露と共にて行身のれさはふるものぞなかりける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
父親徳右衞門の歸依して居た修驗者に、そんな名があつたやうだといふことです、お雪さんが足立屋に貰はれて來たのは、五年前のことですが
日蓮宗の阿仏坊日満は、本間入道の帰衣ふかい僧で、この僧だけは、流人資朝の幽所へ、法談に行くことも、入道から、自由にゆるされていたものだという。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その整理と、受取の打合せに、ことし三年の忌会を前に、豊前の小倉からわざと身軽で来たわけだった。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此上もない土地のやうに思つて私が何度も北海道へ来て見ろと手紙ですゝめても出て来得ないんでサ。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
に最後の夜の如きは、愚痴ッぽい事を消失た、あまり不思議だから女房は翌日、牢番に次第を物語った、すると死刑になる囚人には、折々ある事だ願ってみろと
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
娘の名は、黄英といつた。
清貧譚 (新字旧仮名) / 太宰治(著)