“おつかけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
追駈50.0%
追懸33.3%
追掛16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大聲で『雲飛先生、雲飛先生! さう追駈いますな、か四兩ので石を賣りたいばかりに仕たことですから』と、空中あるごとくにるのに出遇つた。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
の色が、又代助のに飛び込んで、くる/\といた。四つに、大きい真赤な風船玉を売つてるものがあつた。電車が急にるとき、風船玉は追懸て、代助のに飛びいた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
するといてお姫様玄関まで追掛られて、円朝喚留たがうも々しくツて、となく身体り、れでもするかと思ひました。姫
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)