“うどん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
饂飩94.2%
白麺1.9%
迂鈍1.9%
饂鈍1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等かれら婚姻こんいんには屹度きつときまつたためし饂飩うどんもらひにたのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
旅人たびびとつゆわかてば、細瀧ほそだき心太ところてんたちまかれて、饂飩うどん
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
城外のいぶせき飯屋めしやでひるめしの白麺うどんを二人してすすっていると、隣の床几しょうぎでも一人の老人がお代りを急いでいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また大和丹波市近処に捕え来て牀下ゆかしたうと、眼小さく体たわらのように短大となり、転がり来て握り飯を食うに、すこぶる迂鈍うどんなるを見たと語った人あり。
あめさそはれてかげしろし、かはづ饂鈍うどん駅員えきゐんくつしたにもく。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)