“麺麭屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
パンや40.0%
ぱんや20.0%
ベイカリー20.0%
ベエカリー20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真赤達磨逆斛斗を打った、忙がしい世の麺麭屋の看板さえ、遠い鎮守の鳥居めく、田圃道でも通る思いで、江東橋の停留所に着く。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
りを二丁目て、それを電車方角つて眞直ると、乾物屋麺麭屋に、古道具つてゐるなりきながあつた。御米はかつて其所める食卓つた記憶がある。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
何という反食慾的な腐爛した臭気! そして、これはまた、何と悲しい麺麭屋だ! 店頭のぱんは、数度の発疹に蒼白く横たわって息づいている。不潔と醜怪。狭い往来は病気の展覧会だ。
黒人の額には黒い汗の粒々がみ、その一つ一つをかっと照りつけて、ポウト・サイドの太陽は麺麭屋の仕事場のように暑い——「がら・がら・がら・がら」船客中の子供達のあいだに