“飛雪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひせつ66.7%
ふゞき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戸叩く音はまず響きたりしが、直行の裏口より出でてひける時は、風吹荒の梅の飛雪の如く乱点して、燈火のに照す処その影は見えざるなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
落花飛雪
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
同時滊角短聲三發蒸滊機關ハッタとまつて、廻旋する推進螺旋泡立飛雪く、本船ち二十米突——三十米突後退したとつたが、此時すでにかつた