“飛出:とびで” の例文
“飛出:とびで”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
三遊亭円朝1
押川春浪1
“飛出:とびで”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
四入青梅よついりおうめの小さい紋の付きました羽織を着て、茶献上の帯を締め、ずか/\と飛出とびでて来て、三橋みはしの角で出会いました。
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「はあ、うか、いや知らぬ、愚僧早走はやばしり、早合点はやがってんの癖で、用だけ聞いて、して来いな、とお先ばしりに飛出とびでたばかりで、一向いっこうに仔細は知らぬ。が、さては、根ざすところがあるのであつたか。」
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
此時このとき二名にめい水兵すいへいは、わたくしめいしたがつて、いぬいだいて、鐵階てつかいのぼつた、鐵檻てつおりくるまうへからはまへにもいふやうに、すなすべりのたにそと飛出とびでこと出來できるのである。