“静物”の読み方と例文
読み方割合
せいぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしはこんな話をしながら、静物いた古カンヴァスの上へろに色を加えて行った。彼女はを傾けたまま、全然表情らしいものを示したことはなかった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
どちらかといえば、は、くわかりもしないくせに、多趣味のほうです。あるとき、いていて、骨董屋って、だれがいたのか、静物油絵がありました。
らんの花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こうした子供は、不思議図画だけは、じょうずにくものだといわれていたが、秀吉のばあいは、静物写生させても、なにをかいたのか、その外形すら、まとまっていなかったのでした。
天女とお化け (新字新仮名) / 小川未明(著)