“静中観物化”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいちゅうかんぶっか50.0%
せいちゅうぶっかをみる50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“静中観物化”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
喬之助の虚心流は、ジワジワと徐々じょじょに動き、右近の観化流は、静中観物化せいちゅうかんぶっか、しずかなること林のごとき中から、やにわに激発げきはつして鉄をち、岩をくだくのである。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
静中観物化せいちゅうぶっかをみる——という論語のことばをってもって流名とした観化流かんげりゅう
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)