“隣社”の読み方と例文
読み方割合
となり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
打つやのしらべ、三味の音色に事かかぬ場処も、祭りは別物、けては一年一度のひぞかし、三嶋さま小野照さま、お隣社づから負けまじの競ひ心をかしく
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
つやのしらべ、三味音色かゝぬ塲處も、りは別物けては一ひぞかし、三島さま小野照さま、お隣社づからけまじのをかしく
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
の市を除けては一年一度の賑ひぞかし、三嶋さま小野照さま、お隣社づから負けまじの競ひ心をかしく、横町も表も揃ひは同じ眞岡木綿に町名くづしを、去歳よりは好からぬとつぶやくも有りし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)