“金帛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんぱく77.8%
きんはく22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まず、遼東へ使いをはせて、鮮卑国王へ金帛を送り、遼西胡夷勢十万をかり催して、西平関へ進出させること。これ一路であります」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
難民の小倅どもがまだめきれずに金帛の類を求めてゐるのでございませう。……かうしてさしもの桃華文庫もあはれく滅尽いたしたのでございます。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)
金帛を以て謝することの出来ぬものも、米穀菜蔬って庖厨した。後には遠方からを以て迎えられることもある。馬を以てぜられることもある。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そこで王妃は道度を駙馬都尉にし、金帛車馬を賜うて本国の隴西へ帰らした。
黄金の枕 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)