“繪葉書”のいろいろな読み方と例文
新字:絵葉書
読み方割合
えはがき50.0%
ゑはがき50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
繪葉書よりきな寫眞必要には、その希望にまかせてそれ/″\の寫眞るようにもなつてゐるのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
博物館では、また目録書のほかに、陳列品について手輕ることが出來るために、いろ/\の書物出版されてあつたり、繪葉書などもられてあつて
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
B まだういふのがあるよ。矢張友人だが、母親がひとりでしがつてゐるとつて、毎日づつ繪葉書してゐるが、モウそれを三四年間かさずやつてるから感心だらう。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)