“繪葉書屋”の読み方と例文
読み方割合
ゑはがきや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふと繪葉書屋につり出した硝子張りのの中にるともないをとめると、それはみんななにがし劇場女優の繪葉書で、どれもこれもかね/″\見馴れた素顏のでした。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)