“言葉書”の読み方と例文
読み方割合
ことばがき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の狭さと、あるじの無頓着さとはこの言葉書の中にあらわれて、その人その光景目前に見るがごとし。
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
もし表面の文字どおりに、自身に何の不安も認めないし、枯木寒巌の高僧のような心境であったとしたなら、何も、あえて、そういう言葉書を誌して、自戒とする必要はないであろう。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)