“合言葉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいことば66.7%
あひことば33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少年たちは顔色をかえて、身ぶるいしながらたがいに身をすりよせた。それもそのはず、戸山少年が、ひらけゴマ、という合言葉あいことばを口走った瞬間、目の前の壁がぽかりと音もなく、大きな口をあけたのだ。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そういうことばが、合言葉あいことばのように、左内村の中を何十ぺんとなく往復した。
時計屋敷の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
口傳くちづてにする合言葉あひことば……
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)