“言葉尻”の読み方と例文
読み方割合
ことばじり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「僕、おかあさんに対する感情の負担だけでも当分一人前はたっぷりあるんだからなあ」むす子は言葉尻を独り言のようにいってのけた。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
言葉尻に力を入れて強請るようにするその母親のない子供の声は、求めても求めても得られないものを求めようとしているかのように岸本の耳にえた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
しかるにかかる者の語の言葉尻を捉えて是非の批判を下すは何のぞと責めたのである。友人らはヨブの言語の表面の意味のみを見てその誤謬をたださんとする。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)