“繁縷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はこべ50.0%
はこべら50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
植物などにも一花内の雌雄交わって専ら繁殖し行くもある。繁縷などこの伝で全盛を続けいるようだ。
さいひづめは繁縷ふんで。
仔牛 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)