純情じゅんじょう)” の例文
そういって、じっと老兵士見上げた、あの青年んだには、これをにつけて自分んでいくという純情があらわれていました。
少女と老兵士 (新字新仮名) / 小川未明(著)
八弥太を介していっているとおりに、この若い武士の想いは純情だった。ふかく思いこんだのであるが、明日知れぬ身を前提としているだけにしかもきれいであっさりしていた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし子供の数が増加してくるにしたがって、青年の純情のような気持ちは鈍磨してくる。そして生物学的に、今度の子供は私自身のどの特性を分担して来るだろうかとを出してくる。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)
子供きなは、そこに田舎都会と、なんら純情において、差別のあるのをいださなかったのでした。
空晴れて (新字新仮名) / 小川未明(著)