“じゅんじょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
純情50.0%
殉情37.5%
準縄12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八弥太を介していっているとおりに、この若い武士の想いは純情だった。ふかく思いこんだのであるが、明日知れぬ身を前提としているだけにしかもきれいであっさりしていた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何をいうのです。だから逃げるんじゃありませんか。それともあなたが、とても逃げおおせないと思うのだったら」彼は殉情に目を光らせて、芝居のせりふめいた声を出した。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
自然の情合から流れる相互の言葉が、無意識のうちに彼等を駆って、準縄を踏み超えさせるのは、今二三分のにあった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)