“準縄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はかりなわ33.3%
じゅんじょう33.3%
じんじょう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「誰が度量を定めたりしや、誰が準縄を地の上に張りしや」は地の目方、長さ、幅等を汝がり知るや、人知の微弱なる到底これを知るわず、ただ地を造りし神のみ知るとの意である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
自然の情合から流れる相互の言葉が、無意識のうちに彼等を駆って、準縄を踏み超えさせるのは、今二三分のにあった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
瓜核顔の、鼻の準縄な、目の柔和い、心ばかり面窶がして、黒髪の多いのも、世帯を知ったようで奥床しい。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)