準縄じゅんじょう)” の例文
自然の情合から流れる相互の言葉が、無意識のうちに彼等を駆って、準縄を踏み超えさせるのは、今二三分のにあった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)