“相親”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいした50.0%
あひしたし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五月節句は男子の祝日なのだ、だからぼくは五月節句をもって、世界少年連盟れんめいが共同の力でもっていかだをつくり、相和あいわ相親あいしたしんで人生のかどでにつくことを、じつに愉快ゆかいに思うのだ
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
榮燿ええうくらすやに相見あひみさふらふ、さるにても下男げなん下女げぢよどもの主人しゆじんあしざまにまをし、蔭言かげごとまをさぬいへとてはさらになく、また親子おやこ夫婦ふうふ相親あひしたしみ、上下しやうか和睦わぼくして家内かない波風なみかぜなく、平和へいわ目出度めでたきところはまれさふらふ
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)